2005年12月12日 (月)

柏への手紙 2

前略 柏の子へ

正直かなり参りました。本当に苦しくて、暗い気持ちになります。
それ以上に、あなたも辛いでしょう。
でも、自分がピッチに立てるはずもなく、「何もできない立場」も辛いんです。
ただ、「暗い気持ちになるような人々」がいてくれることは幸せですよ。

来期J2です。
ですから、他のチームに行く、行かざるを得ない人もいるでしょう。支えていかなければならない「家族」もいるし、若い選手には「未来」も考えなければならないですね。
じっくり考えて決めてください。私は残って欲しいです。ですが、気にしないでください。大事なことです。どうか、ご自分で。
 

さて、天皇杯がありますね。
こんな結果の後で、酷と言えば酷です。

ですが、薩川選手、増田選手等々、いわゆる戦力外(契約終了)になった選手のためにも、頑張ってください。

本音を言うと、この状況で結果なんてどうでも良いと自棄になってます。ですが、柏を去る選手のため、私たちサポのためにも、「柏にいて良かった」というものを見せてください。

ほんの少しでも良いです。それで救われる人が少なからずいるのです。

こういった立場、職業にある人は少ないです。そうでない人も、家族のため、社会のため等々、必死に仕事をしています。
ちょっとした事で、癒されたりするものです。あなたは、それができるんです。
 

PS
一緒にいます。大丈夫です。心配せず、楽しんでください。
サッカーは苦行ではないです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年12月 9日 (金)

柏への手紙 1

前略 柏の子へ

寒さも厳しくなるなか、日々何を感じて、何を思いお過ごしでしょうか。
長いシーズンもあり、体は悲鳴を上げているのでは、ないでしょうか。

とうとう明日、入替戦ですね。周知のことで、わざわざ、今触れてほしくないのかもしれませんね。

サッカーを始めたのは何時からでしょうか、きっかけは何だったでしょうか。
初めてボールを蹴った時、友達とプレイした時、シュートが入った時、ドリブルで抜いた時・・

楽しかったですよね。理由もないのに。

 
明日は、好きなサッカーを200%楽しんでください。思う存分 楽しんでください。
こんな時に、呑気と言われるかもしれませんが、どうか、自らを見つめて、自分のサッカーをしてください。

大丈夫。骨は拾ってあげます。

サッカーは楽しいものです。

それでは。

| | コメント (7) | トラックバック (0)