2006年4月 9日 (日)

J2がはじまった

インターネット接続(しかも無線)が復旧し、完全に「復活」しました。
今日から、ご無沙汰している、あんな方やこんな方のところにお邪魔しますね。
今後も宜しくお願いします。

  

■負けパターン

柏レイソルvs横浜FC、ご承知の通り残念でした。負けました。

不覚にも遅れてしまい、スタジアムに入った瞬間、「ゴール!」の放送。水色のサポが飛び跳ねているが見え、「やられたかー」。

けど、ここまでは案外余裕だったんだけど。。

試合を観て、「これは、まずいかなー」と感じてしまい、後半になっても払拭されることなく、お・わ・り。

 
■負けの匂い

自分でも試合をやってみると、感じては悪いのですが、あるんです。“負けの匂い”

開始早々、相手のスピードにかき回されてバタバタと。。修正しなければと考えているうちに、取っ掛かりがつかめず、失点。

で、

パスが回らないので打開しようとして、難しいパスを狙い、カット! まわりも、“おい!こっちにパスくれ!”が続いて。

そして、

良いシーンが続かず、単発。シュート打とうとしても、どうしても「安パイ」なところにパス、パス、パス

 
■はじまった

反省はすべきですが、落ち込む必要はありません。

誰が見ても連戦で疲労蓄積、考える時間も微妙にながくなり、体もキレがない、怪我人も出てきた。(相手も同条件なのですが)

何といっても、

「STOP!柏」、相手は目のカタキにしてきます。

 
ある意味で、J2に降格した際に想像していましたが、はじまりました!本当のJ2の戦いが。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2006年3月26日 (日)

やっぱり柏でしょう

■復活!(仮)

いやー、本当にご無沙汰してしまい、申し訳ないです。
特に、つたないエントリーを読んでいただいてる方、コメントを寄せていただける方、申し訳ない!
実は、引越に伴い、インターネット環境がなくなってしまいました。現在、復旧に向け頑張ってますが、当分、ケータイでつないでおります。

いやー、時間を気にしながらオンラインにするのも久しぶりですわ。

 
 
■やはり柏レイソルです

柏レイソルvs水戸戦、行って来ました。観に行きました。勝ちました!

キタジ(北嶋)のポストプレーは、やはり上手い。しかも、ボールを奪取しようと全選手翻弄します。

岡山、山根という新ヒーローも誕生しそうな匂いです。クンクン。。 しかも、相変わらず熱い応援を送るサポがいる。

やっぱり柏レイソルは素晴らしい。

 
そう言えば、試合後、選手がゴール裏(かなり近く)に寄ってくれて、「レッツゴー柏」の歌とともに、一緒に盛り上がります。勝っていることもあるのですが、違いますよね!昨年と

 
  
■ゆるーい感じstadium

さて、水戸戦ですが、競技場のセキュリティも売店も、なんか「ゆるーい」感じでした。これは良いことです。(J1になるとちょっと危ないかも) 

前半早々、思わぬ猛攻にあり柏レイソルはタジタジ。前線にボールが落ち着かない→相手FWがクロスしてゴール前に入ってくる→DFバタバタ・・・。 という時にスローインからスルスルと小林亮がゴール!

で、

後半早々は柏が猛攻するも・・。ハラハラ・ドキドキで、応援しつつも時計を気にする展開に。

終わってみると、本当に良い時間帯に点を取った。けどもう一点いけなかったのは辛い。連戦で疲れているなか、J2とは言え、ぎりぎりのところで勝てているのは強い!
 
   

■ガンバレ! 水戸ホーリーホックス station

今回は電車「水戸駅」から行きました。(帰りは車で。うめ子さん、大感謝!!)本当の最寄りは水戸駅からもう少し行った「東海駅」なのですが、「水戸ホーリーホックス」です。

水戸駅には、何の表示もフラッグもなく、チケット売場も分からない。 駅前(とはkoumon言っても分かりづらい)の本屋で買えたのですが、店員も「?」の様子、タクシーの運ちゃんも知らない。

柏レイソルにしても一長一短ではなかったですが、現状数が少ないながらも、水戸にも大切なコアサポはいらっしゃいます。

「水戸黄門」や「納豆」のお陰で知名度対策は不要であるかもしれませんが、

水戸!もう少し協力してあげてくれ! 

街にサッカークラブ(野球でも何でも良い)がある幸せは、無くした時に分かっても遅いですよ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年11月17日 (木)

呑気なもんですが

「代表、よくやった!」 <以上>  (→本当にそれだけか!)

今日は、代表(アンゴラ戦)祭 と思いますが、呑気にこんなエントリーを。(柏レイソルvs新潟の続き)

■南北のコントラスト 1112sta

ビッグスワンに行くには、新潟駅の「南口」へ。北口・南口ともに、長ーい連絡通路を通るので、間違えると結構面倒です。

南口の通路を下りると、送迎バス(有料)があります。元気のある方は、歩1112bus きましょう(途中で、くじけるかも)。

http://bigswan.greenery-niigata.or.jp/access/walk.html

しかし、北口の繁華街と比べると・・・

■新潟在住サポ1112supo

晴れたので、「せっかく新潟に来たのだし」と歩いてみると、思いのほか長い道のり(1本道だけに余計に長く感じる)。

くじけそうになった、その時! 柏レイソルの救世主、アヒルです。

■次はカモ 1112kamo

鳥屋野潟(とやのがた)にかかる弁天橋のところで、やっと半分、ふー。弁天橋を越えてしばらく行ったところを右折。鳥屋野潟に沿って歩いてゴール! (&ビジター入り口のSゲートまでは、ぐるりと半周)

鳥屋野潟の弁天橋付近には、「鴨」(写真の黒点)がおり、何とものどかな風景でした(柏も「カモ」にならなくて良かった)。  1112river

が、この鳥屋野潟、結構荒波でかつ、冷たい風がピューピューと。道頓堀のように飛び込んだら、間違いなく「僕!ドザえもん」です。

■ハードの次は  1112child

公園全体がスポーツ施設になっており、サッカーコートもあります。<写真;コートで遊ぶ子供>
だだ広い道といい、「葉っぱ」に雰囲気は似てますが、こちらの方が数段“上”。
屋根・2回席に反響するせいか、新潟サポの応援も凄い。1112yuhi
素晴らしいハードに良いソフトが揃いつつあります。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005年11月12日 (土)

新潟戦 裏話

明日(13日)にしようかと思いますが、興奮のせいか眠れないので、「裏話」(と言うか、こぼれ話、夜話)を。

(1)ガラパゴス諸島
バスで来られたコアサポの方など、疲労やポカポカ陽気(日陰は寒い)もあり、試合前はシートを敷いて、「雑魚寝」。ガラパゴス諸島のイグアナ状態です。
ここまでしてもチームのために・・・。

(2)ベスト
試合前のミーティング(?)で、「今日は、現時点で最強の布陣です。フランサもいません」
⇒爆笑
PS フランサが悪いとは言いませんが・・・、分かりますよね。

(3)懐かしのコール
今日は、いつもの方と別の方がコールリーダーを。挨拶も非常に面白かったです。
そのせいか、懐かしのコールも!
「オオオー、オオオオ・・・か・し・わ」等々。 有難うございました!

(4)ゲーフラ
ゲーフラを持参したのですが、「棒」を忘れました。幸いにして私には両腕という棒があるので、掲げました。
で、隣の親子が、ひっそりと、「玉田の「、」が炎だよ・・。」と。得点シーンでは握手を(TVではできません)。
お疲れ様でした!

(5)学習の成果
コールの方が、かなり「力」を入れていただきました。
私は、盛り上がりにかけると思われる場所にいましたが、立って、「力」いっぱい声を張り上げました(声がかすれたり、裏返りましたが)。
そうすると、周りの方もつられて・・。 日立台・ゴール裏端っこの学習成果です。

(6)指がボキリ
ホッカイロのお陰で、あまり寒くなかったです。が、末端は冷たかったようです。
1点目が入った時に、「力」いっぱい(無意識)に拳を握り締めたら、関節が「ボキリ」と。
正直、焦りました・・・、で、今更痛みが。 

| | コメント (5) | トラックバック (1)

新潟戦 クレが走りましたよ!先輩

■噛み付いた

「そして、醜いアヒルの子は、白鳥にはなれませんでした とさ」。
でも、一応、アヒルはアヒルなりに噛みついてました。

柏レイソルvs新潟、行ってきました。試合内容については、こういった厳しい状況でなければ「及第点」です。
「クレ、走れるなら日頃から走れ!」とか、「ベストメンバー分かってるじゃん! ヒロシ」等々ありますが、まあ次につながるものでした。その「次」があまりないのが問題ですが・・。

試合開始、新潟に押されるものの、徐々にレイソルがボールをキープ。所謂、「流れを引き寄せた」というやつです。気合も入っており良いペース、玉ちゃんのシュートがポストを直撃! 

こういう時は・・・、そうです、柏レイソルのお決まりのパターン。CKで中央がポッカリと空き「1点献上」。 あらら。
後半、大谷が押し込み「1点返上」(この時にクレがちょっと痛めた)。で、雄太のこぼれ球が相手の目の前に、これまた絶妙なコースへ・・「2点目献上」。で、今度は、亮がハーフボレーで「もう1点返上」。

「↘ ↗ ↘ ↗ →」、この時期でなければ面白い、この時期には疲れる試合でした。ふー。

帰路でのこと。アルビサポと思われる老夫婦の方が、あまりサッカーを詳しくなさそうなのですが、こんな会話を。(何かいい感じでした)

「お互いの順位を考えると注目される試合かもしれんな」「そうですね、柏必死だったし。負けなくて良かったよ」 「そうじゃな、必死じゃね、あれ」


■本当に大きな白鳥

新潟の印象は、一言「美人が多い」。1112stad

何故か電気グルーブを聴きながら、行きも帰りも歩いてみました(もちろん新潟駅からです)。公園内やその周りにも水(河・川)があり、まさに、水辺に浮いている「白鳥」のようでした。
で、これが、どれもでかいんだわ!
詳細は明日>>

PS 日立台のBS席にいる外人さん、新潟駅にもいました。キアイ入ってますね。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005年11月11日 (金)

取り消します

私、明日の柏レイソルvs新潟戦に行くと言いましたが・・、取り消します。

「多分」を!

情報いただいた方、有難う!無事16000円で新幹線(往復)をGET。結構、午前の便がなくて、朝早くなってしまいましたが、行って参ります。

「負けるなよ」とは言いません。 勝てよ!

PS 負けたら、ビッグスワン10周させます。日立台より広いので覚悟しとくように。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年7月24日 (日)

スタジアム篇 「良くも悪くも」

■地震と情報

柏レイソルvs横浜FM・第三弾です。ふー。

地震(東京でここまで多きのは珍しい)の影響で交通機関が寸断されましたが、私は何とか、地震のころにはスタジアム付近に着いてました。ケータイのつながりも悪く、情報が得られませんでしたが・・。やはり、情報が得られないということは、現代社会では怖いですねー。

■三ツ沢まで

三ツ沢には、横浜駅(西口)よりバスに乗りました。なんと、「みらいさん」と偶然あいました。0724-01

  • バス乗り場には、西口を出て、一度「地下」へ(地上からでは行けません)。ここで、お弁当など食料を買っとくのも良いです。例の崎陽軒(シュウマイ)もありますが、まあ、特だって珍しくもなく・・・。
  • ここから、アルファベット名で整理された階段を昇り、それぞれのプラットホームに出るのですが、この地下街に「バス停&階段検索端末」がありますので、利用すると良いです。まあ、ユニを着ている人に付いてくと間違わないと思います。0724-02
  • バス(確か、6?7,8番乗り場)は、結構込みます。が、5分ぐらいなので、ここは、我慢です。
  • (私とみらいさんが着いた時は)開門間近だったため、長蛇の列。SS席以外は同じ入り口のようです。
  • アウェイ側に行くときには、バックスタンドの下に売店が1つ。かなり混みます(かつ、味は??)。やはり、食べ物は、横浜駅でGETしましょう。
  • 帰りは、人が溢れるので、バスに乗るには長蛇の列です。故に、以下がおススメです。 
  • 1)駅まで歩く。駅まで15分ぐらいですが、下り坂なので、惰性で歩きましょう。駅近くで迷いそうになったら、上を見上げて、「高島屋」を目印に。
  • 2)少し歩いて、次のバス停で乗る(みらいさんプラン)。次のバス停に停車しないバスもあり、また、その時点でかなり混んでますが、乗れないことはないです。

■本末転倒0724-04

今回の試合に関しては、「ビジター席」(写真・上)がゴール裏端に設けれました(横浜FCの際は別)。そこから2ブロックほど空席をはさんで、ゴール裏端からBS端がアウェイ側の「自由席」(写真・下)になりました。0724-03

2ブロックほどの空席は、アウェイサポの隔離と思われますが、「ビジター席」に行けない、柏サポが自由席にも。横浜FMサポと混合で、本来の「隔離」の目的は・・・・、意味ないのでは?

■日立台とは

ピッチまでの距離はかなり近いです。ゴール裏に関しては日立台の勝ちですが。

大型ビジョンについては、三ツ沢のは古く、昔のドットレベルのTVゲームのようです(ファミコンか?)。が、日立台は、小さくて「どこにあるの?」状態。

まあ、三ツ沢も良いスタジアムでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

横浜篇 「魔人」

■変化

柏レイソルvs横浜FM。横浜は「○○の坂田」を中心に、ゴール前でのスピードがありました。が、こういうのって、DFとしては慣れるんです。中盤で変化をつけれる「奥」がいなかったのは、柏としてはラッキーだったかも。

■ブーイング率

柏ゴール裏のブーイングが、ひときは大きかったのが「中澤」と「久保」。中澤は「ヘッド」の印象が強いのですが、DFラインでのボールさばきなど落ち着いてます。また、結構、守備がネチッこい。

故に、玉ちゃん、かなり苦戦してました。「切り替えし」をして何とか突破しようとするのは、持ち味だし・・。簡単に「はたいた」方が良い気も・・。難しいところですね。頑張れ!「柏の鉄人28号」。

■魔人、久保

久保が出てきました。遠目に見ても。手足がながく、背も頭一つ出てます。なんか、体の造りが違うような・・・。

遠くて良く見えませんでしたが、何人かで囲んでもすり抜けて行く。ああなると、戦術云々ではなく、厳しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柏篇 「サポマジック」

■やるべき事を「やる」

行って来ました。柏レイソルvs横浜FM戦。結果はスコアレスドローですが、久しぶりに見たせいか、同じ引き分けでも随分違いました。システム云々はあるのですが、まず、1対1で負けてません。

今までは、「危ないよ!そこ!」と思っていると、案の定・・・。が、昨日の試合については、危ない前兆で厳しく当たって、難を逃れてました。これはデカイです。

■安定剤

何と言いますか、MF大谷、DF小林(祐三)がスタメン。正直、「小林がセンターというのは・・」と思ってました。が、明神や土屋の頑張りもあり、かなり安定して見えました(あくまで“見えた”)。

■キショー ?

キショー君! 良かったですよ。あの「高さ」もそうですが、前線からのプレッシャーも良いです。さすがに最後はヘバッてましたが、若者はこれですよ。見ていて簡単! 前線からプレッシャーをかけた時は、ボールを直接獲れなくても、かなり有利な状態に。

玉ちゃんは、良い意味でサボってましたが・・・。

■サポマジック

三ツ沢も、ピッチとの距離が近いせいもあり、結構ゴール裏のブーイングはキツそうでした。このサポのプレッシャーが効いたように、GKのキックは外れたり、柏側に。

まあ、1対1の勝負がモノを言ったのですが、ゴール裏に居た当人としては、マジックのようでした。これぞ、「サポマジック」!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月22日 (金)

世にも高い自由席

■チケットGET! が・・・

柏レイソルvs横浜FMの自由席争奪戦、GETしました。有難う、出品者さん、有難う、インターネットよ!

が、よーく見ると、鎌をかけてたもう一方も落札、しかも二倍以上の金額で・・・。と言うことで、指定席よりも遥かに高価な「プレミアム自由席×2枚」に。

以前のチケットを忘れた時といい、ワタクシ、Jリーグに余計な投資をしているような気が致します。

■キショーに

昨日?に引き続き、サカマガを読みましたが、キショーに期待している人がいるもんですねー。(しかし、鹿島を取り上げるとは・・)

ウノも怪我がなければ、昇っていった選手。いやー、神様は試練を与えてます。

■自由席とは?

何と、三ツ沢は「初」です。(何故だろうか)

ビジター席ではない「自由席」はどうなんだろうか。案外、まわりは「真っ青」で、私も真っ青だったりして。まあ、そういった状況であれば、マフラーぐらいにしておきましょうか。そういった状況で、気合じゃー!と、「アヒル」を背負うのも良いのですが、ここは、双方のためにも。あえて態度で示さずとも、黄色い血が流れているので、それで良し!

PS 当日試合に来られる方で、事前にメール等で連絡可能な方、「プレミアム自由席」を1枚、差し上げても良いです。どうせ、使わない(使えないし)。もちろん、現地渡しになっちゃいますが。 

| | コメント (6) | トラックバック (0)