« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月20日 (火)

お金では買えない

ここ数日間、PCに向かって、何を書こうかと・・。
ネタがないわけではないですが、何か、こう・・・、こと柏レイソルについては、やはり「抜け殻」のような感じが。

■何かが足りない

トヨタカップも無事?終了しました。
サンパウロ、おめでとう! なんか、欧州も「ファミリー」と言えばそうなのですが、南米は死活問題もあり、「家族力」が濃ゆいです。

で、決勝は言うことないです。面白かったのは、3位決定戦、アルイティハド

一説によれば60億も使ったとか。あえて言うと、正直「アジアのサッカー」とは思えないほど、クオリティが高く、負けたのも「運」のような感じがします。 本当に素晴らしかった。

見えないところでのサンパウロの駆け引き(反則?)、最後の最後で一発を喰らわした・・・。

もちろん、アルイティハドも経験豊富で、勝者のメンタリティを持っています。ですが、南米(北中米)のチームと真剣勝負をした、体で覚える「経験」。やはり、足りなかったのでしょう。

次回は、Jリーグチームが出場することを切望しますが、アルイティハドが出場したら・・・、分かりませんよ。(優勝するかも)

 
■一歩ずつ

テレビやスポーツ紙で大きく報道されたこともあり、ご存知でしょう。
「あやかちゃん」の移植手術が順調とのことです。

まだまだ予断は許されないし、今後どうなるかも分かりません。(すいません)

一つずつ、一歩ずつ、歩んでいっていただきたいです。あの可愛い笑顔は素敵です。

また、Jチーム、サポ、ボランティアの方々、どうか誇ってください。言ってください。発信してください。
正直、救われない方・子供もいらっしゃると思います。ですが、スポーツが貢献できる、いや「すべき」という実績を作ることは、今後、どれだけ豊かにするか・・・。

と、勝手に思っています。

 
■何といっても、柏レイソル

さて、柏レイソルです。
ヘッドコーチを務めていた竹本一彦氏がGMになったそうです。正直、詳しく知りませんし、分かりません。

ただ望むのは、悔しいことに、柏レイソルには「何かが足りません」。ですから「一歩ずつ」、歩んでほしいんです。

否定的にとらえる気はありません。一緒に見ていきましょう。何が足りなくて、どうやって取り戻すのか。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005年12月14日 (水)

新たな不安(J2)

★エントリーのカテゴリーを増やしました。その名も「J1に向かって」

■心の支えは、チームの支えにあらず

我らが、柏レイソル・・・
さて、J2降格の恐怖や不安については、先日、最悪な形で姿を消しました。
で、今も辛いですが、心の支えは、

「1年でJ1に戻る」(J2へ戻るじゃないぞ!社長)

でしょう。

 
泣きっ面に蜂を手向けるつもりはないですが、果たして、どうでしょうか?

 
■J2と言うもの

「J2」、チーム数:12チームで、リーグ戦は44試合。J1より6チーム少なく、試合数が10多いわけです。

1)(今更ながら)同様の期間の中で、試合数が多い、ハードなリーグなわけです。

 
来期は、我が柏レイソルを含め、J1の3チームが“がん首”揃えて、J2に来ました(落ちた)。で、徳島や群馬など、十数年ほどJ1にいたチームには馴染みがないチームもいます。さらに、仙台など、J2にも慣れ始め、かつこちらの手の内が知れているチームも。

2)手の内を知るチーム、相手が分からないチーム、その両方のチームと・・・

 
レギュレーションが変わることがなければ、J2・3位までがJ1昇格が決定(もしくはチャンス)するわけです。では、「J1にいたチーム」だから、J2よりも強いのでしょうか。
ご存知の通り、J2の1・2位の下の3位に惨敗したのです。

3)実力が飛びぬけているはずもなく、「J1だから」というのは迷信です。「良い選手がいるから」というのも。

 
■新たな不安

試合数が多いなか、一癖も二癖もある「兵(つわもの)」を相手に、継続的に、結果を出すには、選手層&力の両方が必要です。

それを支えるには、フロント、監督、若手の育成、スポンサーの支援など、総合力で勝らなければ、ならんです。

新たな「不安」です。
 

これに打ち勝つにも、フロントには猛省していただき、私たちサポは必死にならなければ、ならんです。「試合多し、1試合ぐらい」などと考えたら最後、「さ・よ・な・ら」です。

皆さん、チームと共に、本ーーーー当に頑張らなければ。
さあ行きましょう! 我らは
「チャレンジャー」です!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年12月12日 (月)

柏への手紙 2

前略 柏の子へ

正直かなり参りました。本当に苦しくて、暗い気持ちになります。
それ以上に、あなたも辛いでしょう。
でも、自分がピッチに立てるはずもなく、「何もできない立場」も辛いんです。
ただ、「暗い気持ちになるような人々」がいてくれることは幸せですよ。

来期J2です。
ですから、他のチームに行く、行かざるを得ない人もいるでしょう。支えていかなければならない「家族」もいるし、若い選手には「未来」も考えなければならないですね。
じっくり考えて決めてください。私は残って欲しいです。ですが、気にしないでください。大事なことです。どうか、ご自分で。
 

さて、天皇杯がありますね。
こんな結果の後で、酷と言えば酷です。

ですが、薩川選手、増田選手等々、いわゆる戦力外(契約終了)になった選手のためにも、頑張ってください。

本音を言うと、この状況で結果なんてどうでも良いと自棄になってます。ですが、柏を去る選手のため、私たちサポのためにも、「柏にいて良かった」というものを見せてください。

ほんの少しでも良いです。それで救われる人が少なからずいるのです。

こういった立場、職業にある人は少ないです。そうでない人も、家族のため、社会のため等々、必死に仕事をしています。
ちょっとした事で、癒されたりするものです。あなたは、それができるんです。
 

PS
一緒にいます。大丈夫です。心配せず、楽しんでください。
サッカーは苦行ではないです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年12月10日 (土)

日立台に彷徨う気持ち

柏レイソル入替戦、負けました。涙が出てきます。

悔しいです。情けないです。 絶対に忘れてはなりません。いや、忘れることはできません。

  
■誇りに思って

清水、ヴェルディもそうでしたが、アウェイチームの応援は凄かったです。が、柏は、さらに、ものスゴかったです。

いつもはゴール裏なのですが、本日はAL席(有難う!)。AL席・バックスタンド席も、ゴール裏のテンションなので、凄かったです。静かな冬の空に、ドスンと響く声圧。

大変悲しい結果になりましたが、サポーターはスゴイです。これは事実です。

 
■割れてどうする!

チームとスポンサーとの間で、「今日、消灯(18:0)までサポが居残ったら、降りる」という約束事がなされていました。

この結果で監督の挨拶・説明も無い。もちろんこんな状態ですから、バックスタンド側は居残りました。そのうち、ゴール裏のコールリーダーの方が来て、事情を説明。

「スポンサーが降りたら、J2で戦うのに響く。俺たちだっていろいろと言いたい!」

「それなら、(帰らすために)監督が出てくるべきだろう。スポンサーの方が大事か!」

 
・・・・・・双方正しいです。
やり場無く、日立台に彷徨う悲しみ・怒り、サポ同士がぶつけることを不毛に思い、帰りました。(もちろん和解してました)

ゴール裏の方も気持ちは一緒でしょう。彼らが退席時に残した横断幕、直接ぶつけたかったでしょう。

 
■忘れてませんか

帰り際、甲府のチームバスに出くわしました。本日の甲府は敵ながら良いチームでした。敬意を込めて、「がんばれ」と(本当はそんな気分ではないですが)。

選手が窓を開けて、一生懸命、敵(柏)サポにも挨拶をしようと。
勝って気分が良いので当然ですが、謙虚ではないでしょうか。

 
もうひとつ

大量失点となると、呆れて甲府を応援する人もいました。私は、挫けそうですが、一生懸命応援しました。
レイナウドが走らなくても、誰がどうでも、ホイッスルが鳴るまで(いや、鳴り終わるまで)、頑張って欲しかった。ただ、それだけ・・・・

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2005年12月 9日 (金)

柏への手紙 1

前略 柏の子へ

寒さも厳しくなるなか、日々何を感じて、何を思いお過ごしでしょうか。
長いシーズンもあり、体は悲鳴を上げているのでは、ないでしょうか。

とうとう明日、入替戦ですね。周知のことで、わざわざ、今触れてほしくないのかもしれませんね。

サッカーを始めたのは何時からでしょうか、きっかけは何だったでしょうか。
初めてボールを蹴った時、友達とプレイした時、シュートが入った時、ドリブルで抜いた時・・

楽しかったですよね。理由もないのに。

 
明日は、好きなサッカーを200%楽しんでください。思う存分 楽しんでください。
こんな時に、呑気と言われるかもしれませんが、どうか、自らを見つめて、自分のサッカーをしてください。

大丈夫。骨は拾ってあげます。

サッカーは楽しいものです。

それでは。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

黄色い旗の下

いよいよ、柏レイソルvs甲府戦。

低い次元ですが「決戦」には違いありません。

今日は、これだけで充分ですね。

雨風の観戦でボロボロになりましたが、 
黄色い旗の下で!

 1209

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年12月 7日 (水)

仕方ない

■仕方ないです

柏レイソルvs甲府戦

仕方ないです。「負けた」ことではなく、この段階で「文句を言うこと」。
言っても仕方ないです。
なので、あえて言いません。

中3日で、大事な第二戦が訪れます。怪我や試合中のカード(赤紙)の問題もあります。総力戦です。

 
総力というのは、サポと日立台の環境も含めてです。

次です。勝ちましょう! それから充分猛省してもらいましょう。

| | コメント (11) | トラックバック (3)

2005年12月 6日 (火)

目の前の敵

まず、誤解を生じる場合があるので詳細は書きませんが、

有難うございます
 

■ただ2試合のみ

不本意ながら、今年もです。

長々と酷い試合をしてきたわけです。で、その結果です。
改善ポイントも多々ありますし、不平不満も山のように。

ですが!

この2試合です。本当に大事です。

これまでの試合は関係ないです。ほしいのは結果、しかも「この2試合」のみ。

一緒に行きましょうか! 「行け! 柏レイソル」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月 5日 (月)

泣けてきます

泣けてきます。 愛する柏レイソルの入替戦のチケット・・・。

1)日曜日に先行発売だから・・・、えっ!仕事すか?
まあ、新しい会社だし、ココは大事。(ネットもあるし)

2)パソコンが動かん!
ケータイがあるさ。で、登録をして、月曜10時にすぐに変える状態に

3)本日10時、みーてぃんぐ・・・

4)ミーティングが終了し、携帯、ケータイ、け・・・ 忘れた
  

「自業自得」、私の不徳の致すところです。けど、泣けてきた。はああああああああああ

  
■連敗の神

恐らく、いや確実にそうです。私が見に行くと「負け試合」ばかり。今年になって、やっと十数年来の「観戦不勝記録がストップ」。

「今回は勝たしてあげるから、観に着ちゃいかん」

おー、「勝利の神」の声が聞こえました。
 

★皆様、宜しくお願いします。 負神より

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2005年12月 3日 (土)

ちょっと休憩

転職で新会社に就職したため、ここ数日、何も情報を得ておりません。で、エントリーも頓挫。

幸い、柏レイソルvs鹿島戦は消化試合(と考える)なので、良かった。良かった。

って・・・・、入替戦突入のため「幸いではなく」、「消化不良試合」、「良くもない」

ですよね?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »