« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月24日 (水)

便秘な柏

■デジタルの悲劇

デジタル技術の発達と共に普及する「IT」。おかげで、見たくないものも、鮮明にリアルタイムで観させられることに・・・。

うわーーん、柏レイソルが大分に引き分けた。せっかくの、玉ちゃんのゴールだったのに。

もちろん負けるよりましだし、玉田のゴールはデカイ。が、すっきりしません。何か詰まっているような。(まあ、この布陣が無難かも)

情報がないので、今日はここまで! すっきりと。

行け行け!柏、お前が世界一だ!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

柏な本 その5★★★

技術力 出版芸術社

「技術」「テクニック」、なんて響きが良いのでしょうか。テクニック系ではない私には羨ましい、お言葉です。

ドリブラーと言っても、人様々で、一概には説明できません。ましてや、文章では。「まえがき」にもあるように、試行錯誤の結果、この本は文章中心になったようです。が、「どういう体勢だっけ?」等々、文章を基にイマジネーションを働かすのも面白いです。(理論武装的ではなく、読みやすいです)

有名選手の他、ポジション別、日本人(有名選手のみ数名)というカテゴリーで、面白く紹介されています。

が、玉ちゃんは・・・見る影もなく・・・・・・・。

■さあ、分類してみましょう

では、勝手に柏レイソルの「ストライカー」を分類してみましょう。本に書いてあったのは・・・。

  1. 臭覚型・・・・・・何故そこにいる?!タイプ (伊:F.インザーギ等)
  2. ハンマー型・・・ゴール前にいてパカスカと決めるタイプ(伊:ビエリ等)
  3. スピード型・・・・説明不要、呼んで字のごとく(仏:アンリ等)
  4. ターゲット型・・・取りあえず、あいつ目掛けてボールを蹴っとけタイプ
  5. クリエイタ型・・・ゴールだけじゃなくファンタジーもね!タイプ

うーーん、こう考えると分類しずらいです。玉田・ウノ・レイナルドは「3」ぽいが、キショーは「4」?、安永は?、山下は?、李は????

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月22日 (月)

皆さん有難う

本当はコメント返しで良かったのですが、20日(土)BLOGへの皆さんのコメントが有難く・・・。

今回「お試し参加」したチームには行かないつもりです。本当の自分が見せられず、見返したい気持ちが強いのですが。(迷ってますが)

あまりの不出来にショックを受けて私がウツむいており、「話しかけるなオーラ」全快だったのが原因と思いますが、勧誘した方も「着替えて・・以上」でした。大人なので甘える気もなく、こちらから話しかけるべきかと思ったのですが・・・。何かあわないかな・・・・・・・・・。説明しずらいのですが、チームに参加して、すぐに「あわないのでやめます」というのも無責任かと。

参加させていただいたチームの名誉のために言うと、かなり良い人々とは感じられました。

いやー、本当に良い勉強しました。今までいたチームで新人が入った時、私はどうしたか等々の反省も含め。

出直します。 コメントいただいた皆さん、本当に有難うございます。

■ちなみに、死に体

全身筋肉痛で・・・、誘惑にかられマッサージに行きました。本当は、炎症(=痛み)がある時は冷やさなければならず、マッサージはNGなのですが。

中国の方でカトコトの日本語(→風俗ではないです)、ゆえに、「筋肉痛」なる高度な日本語は通じずに・・・・。

どこを揉まれても痛い状態で、悲鳴をあげる都度、「カンゾウ ワルイネ」「ジンゾウ ワルイネ」・・・、私の悪い箇所は十数ヶ所。超ウルトラ級の不健康体とされてしまいました。(ちなみに、左足があまり良くなく、それを当てたのはさすが)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

速い (ジェフ戦)

■いつものように

0時です。やっと家につきました。柏レイソルvsジェフ戦、不本意ながら、いつものように負けてしまいました。(いやー、miraiさんと偶然に会うことが多く、本当に奇遇です)

夏休みということもあり、超満員。ゴール裏チケットを前売りで購入した私は、席がなく・・・。結局バックスタンドの一番上になりました。初めは通路にいたのですが、やはり皆さんの邪魔ですし、バックスタンドに行くように説明にきた後援会の方が、不憫になり移動しました。何てまじめな日本人なのでしょう。(筋肉痛でダルいし、ゆっくり見ようかとも)

以前から、再三ありました。その時は私は運よくゴール裏でしたが、溢れた人が右往左往。あれで「申し訳ない」とフロントが思っていたら、チケット販売等々、改善されたのでは? 今日のバックスタンドの一番上に移動させられた方は数名ではないです。ビッシリ埋まりましたから。席を選んでチケット買ってるんだから、おかしいよね?? アットホームなのは良いですが、これでは「日立台に来てね」と言えません。

■基準はどこへ

全体が見える位置の観戦ゆえ、感じました。「何か、今日の審判はやばいかなー」。前日にプレミアシップを見ましたが、正直毅然として気持ち良いジャッジ&プレイでした。厳しいジャッジでも良いんです。ただ、今日は基準が曖昧で、選手も戸惑い、イライラモードです。せっかくの夏休みで満員、もっと仕切ってほしいです。マキ選手の退場の際のイザコザなど、素早く審判が間に入るべきでしょう。間に選手が入ると、さらにこじれます。

■よーいドン!

何故このスタメンなのかは「?」でしたが、まあ、新外国人の見極めということで。レイナルド選手、速いです。玉ちゃんの「チョコマカ」とは違い、スライドが大きいというか。相手DFとイーブンでスタートしても、グングンと。良いです。良いです。

が、もう一人です。テクニカルで片鱗は見せましたが、やはりJリーグのスピード(=あくせくとした速さ)に戸惑っている感じです。まあ、がんばれや!

今日の1点目は混戦の中での出来事で、2点目は相手が上手かったです(攻めに転じていたので致し方ないかと)。大丈夫です。次に行きましょう。 (本当は、DF&MFとFWの距離がやたら離れているのが、心配ですが)

■光る頭

PKのセットをしている際、土屋がサイドラインに出て、水を飲んでました。が、その水で頭を洗っており(冷やしており)・・・。水に濡れた頭が、ナイターの照明に照らされ、ピカリピカリと! かつ、その前にいた観客(外人)も同じような頭で・・・ククク・・・。 オイ!PKの時に笑わせるな。

| | コメント (6) | トラックバック (7)

2005年8月20日 (土)

戒め

■ゼロ

ご存知の通り、中田ヒデがボルトンに移籍しました。 という私も。おいおいレベルが違うすぎるだろ! というよりも新チームに、「お試し」として参加しました。

私の出来は・・・、正直「ゼロ」です。

チームに迷惑をかけてしました。試合中に段々とパスが来なくなり、信頼ゼロ状態。これは分かります。逆の立場でも私もそうします(と言うか「なります」)。いやー、サッカーやってて、「早く終わってほしい」と願ったのはガキ時代ぶりです。ずっと下向いてました。

■草サッカーでも

テレビ等の解説でよく言われる言葉(赤字)、まあ、草サッカーレベルでもあるんですよね。まさに、その実体験です。

  • 開始から終了まで、何か浮ついており宙に浮いているような感じでした。パスが明後日の方向へ、浮き球になったり等々。全体を通してこの状態は初体験です。試合の入り方が悪かったです。それを引きずってしまい。
  • 早々にわき腹が痛くなり、時期に両足がツッてしまい・・・。ここ2ヶ月間、運動をしていないためにプックリ体系になり、胃薬の服用も手伝い、食事を制限してました。やはり日ごろの食事は大事です。ちなみに、「ツル」というのは科学的(医学的)には完全解明されていないようですが、「筋肉」よりも「神経の伝達」の問題らしいです。日ごろは筋肉への命令で「伸びろ、縮め(正確には筋肉は「縮む」しかできない)」とやっており、ミネラル等が足りずに、その命令が伝わらなくなるそうな。運動不足もありますが、やはり栄養は重要です。
  • ボールを持つと、スペースがあるんです。パスや走る距離が長いんです。そのうち、「スペース(時間)が多少ある→考えてしまう→つめられる→ミス→焦る」と最悪の循環に。フルコートで数年来やっておらず、完全に試合感の欠如です。「感」というと感覚のような感じもしますが、それだけでなく、試合で使う「業」&「体力・筋力」、「心肺機能」等々、全部ダメになるようです。
  • この暑さにやられました。この夏場の2ヶ月間、運動をしておらず、仕事で外に出ることも少なかったです。苦しいですが、この時期に動かしておかないと、汗腺も開かないし・・・。プロでも、リーグ開始前に合宿等に参加できなかった選手が、必ず序盤の調子がおかしいですよね。
  • チームメイトとはまったくあわず。うーーん、やはり、敵でも味方でも情報がないと辛いです。これが、チームに慣れるということか。

■プロってすばらしい

サッカー中は「地獄だ。ついていけん。無理だ」と心底思ってましたが、時間が経つにつれ、もっと出来たのでは等々。

いやー、この暑いなか、いろいろな状況のなか、がんばるプロは素晴らしいです。こっちは涼しいところ(スタジアムはそうでもないけど)で、「走れ!」とか言ってるわけですから。頭が下がります。

■しかし、そうはいかん。

が、そうはいきません。明日の柏レイソルvsジェフ戦。言いますよ。走れ! 跳べ! ゴール入れろ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年8月18日 (木)

男前

■されどW杯予選

イラン戦、勝ちました。非常に蒸し暑い中、有難う。まあ、イランも若手?中心でダメダメでしたね。ダエイのリーダーシップは凄いですが。

が、若手とは言わないまでも日本も海外組みもおらず・・・。あくまでアジア内ですが、こう考えると日本の選手層は充実してるかも。

何はともあれ、W杯予選ですから。良かったです。

■男前

髪を切ったせいか・・・、いやいや、今日の玉ちゃんは顔つきが違いました。男前だ!

得点はないものの、玉ちゃんが光ったのは、以下があるかと。

  • 【イラン】他アジア国のようにガチガチに守ってこなかった。かつ、DFが不慣れ。
  • 【チーム】ゲームプランなのか、縦に速めに、早めに裏を狙うようなパスを出していた。

■父ちゃん

今日のジーコ、采配は・・・・とは思いませんでした。「暑いのは分かっている。疲れているのも。ただ、自分で何とかしてろ!」というメッセージがあるように感じました。

最後の方にボランチを入れたのは、さすがに、あそこがヘバるとゲームになりません。

一昔前の「父ちゃん」です。

■最後に

右から大黒からのクロス、玉ちゃんのダイレクトボレー!・・・はずれ。イランの選手の手に当たらなければ。

おい、玉ちゃんの絶好のチャンス時に、なにさらす!

PS 前半早々の玉田のチャンスといい、何かボールがへんなバウンドしてましたが、ピッチ状態が良くないのだろうか。しかし、中澤選手は効いてた。PKは????(よく見ると、川口はコースを読んでたんですね)

| | コメント (4) | トラックバック (5)

2005年8月15日 (月)

さあ! 柏です

■中断の先に

今年のJリーグは中断が多いですね。今年に関しては、この日程は、柏レイソルに有利と思いましょう。玉ちゃんには酷だけど。

いやー、今週末です。いよいよ、中断故にの「このウキウキ感」、たまりません。

■楽しみなこと

楽しみですねー。iTuneMusuicStore(日本版)ができたおかげで、大好きな「U2」などをDLして・・・。違う違う、やはり新外国人です。

皆さんのBLOGを拝見すると、なかなかのような。これで玉ちゃんの負担が軽減されれば・・・。

そう言えば、玉田の「髭」も良いような・・・。ワイルド玉ちゃん。

おっし! 気合入ってきました。 また褒めますよ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ヒエラルキー

ここ数日、PCの調子が悪く、HDを交換して何とか復旧しました。

ゆえに、コメントいただいた方、リアクションがなくてスイマセン。

しかし、購入して数ヶ月、40GBのHDが足りなくなるとは・・・。今は、80GBにUPして余計なソフト(→格安PCなので仕方ないですが)を捨てて、かなり快適に。ちょっと熱がこもるかな?!

■暇すぎる

お盆ということで「地獄の仕事」も、気持ち悪いぐらい暇です。しかも、こうして早く帰れる日に、柏レイソルの試合はないし、PCはイカれるし。

やっぱり、柏戦がないとBLOGもメリハリがないような・・・。

■ぶんですりーが

PCを直しながら、CATVでブンデスリーガ(独)を見てました。コメンテイターの金子達人氏もこなれてきたような気がします(実況中の「叫び」が好きですが)。同氏、スペインにいたこともあり、ドイツのリーグを受け持った初期は「ドイツかよ」という感じもありました。 という私も、「ドイツかよ」という感じが拭えませんが。

確かに、リーガエスパニョール(スペイン)のような「そんなことするのか?!」という驚き、プレミアリーグ(イングランド)のような「縦の迫力」もありませんが、「パスの精度」など美しさがあります。

同じスポーツなのに、違う美しさを味わえるのもサッカーの魅力ですね。

■Jリーグで一番強いのは?

さて、バイエルンミュンヘンは強いです。簡単に言うと、カーンとバラックがいるチームで、相手はレバークーゼン(→柏にもかかわりありますね)でしたが、はっきり言って圧倒的です。

まあ、このバイエルンをどう潰すかが醍醐味でしょう。

Jリーグで圧倒的な強さを持つチームはどこでしょう? 鹿、磐田、横浜FM等々ありますが、果たして通年かつ飛びぬけている実力があるチームは、あるのか、ないのか? 必要なのか、ないのか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年8月10日 (水)

移籍ノキモチ

■驚いた

いやー、皆さんのBLOGを拝見して知りました。驚きました。ビックリしました。リカ、鹿に行くんですね。噂だと「高額」らしいし、柏レイソルは外人だらけだし、怪我が・・・。分かります。

まあ、昨年の加藤望がいなくなった時に比べれば。痛くもありません。(多少、かゆいですが)

■当り前

プロ選手、特にサッカーの場合、移籍は当然のことで何でもないんでしょう。が、実際のところどうなんでしょうか。

ウェッテイな感じではないと思いますが。

■という私も

草サッカーに参加して、早数年。ここ一年は人数が非常に少なく、どれだけ言っても増えそうにないです。こうなるとサッカーもママなりません。 &年齢的にあと何年満足の行く(→今もいきませんが)ように体が動くか・・・・・・・。

ということで、心機一転、チームを変えようかと。

が、やはり長く親しんだチームメイトの顔や、パス・ドリブル等々、頭に浮かぶんですよね。しかし、新しいチームで奮闘したいし。

いやー、参った。いっそうプロの方が気が楽かも。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年8月 7日 (日)

あえて言いますが

■期待されることは

韓国VS日本、たった今、終わりました。

玉田、途中交代でした。交代で出たきた「大黒」がどうかは分かりません。前回同様、玉田のエンジンが掛かってきて、相手が嫌がる時に交代とは・・・・。が、あえて言います。柏レイソルは褒めようと思っているのですが、玉田! FWとして、チャンスまでは休んでいる、もしくは、パスコースを切るのは必要だが、チームが低迷している時に必要なことはあるでしょう。

皆さん、何が必要だと思いますか? 正直、あれではいかんです。私はそう思います。

しかし、玉ちゃんは玉ちゃんだし、あのままでいいかもしれないし・・・。判断できません。

■中澤

汚名返上でしょう。(挽回というのは間違いらしいです。確かに汚名を挽回したら、再び「汚名」です)

玉ちゃんの交代&不出来で腹が立ちましたが、「有難う」。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年8月 4日 (木)

玉ちゃん危ない

■怒る気もしません

日本vs中国戦、田中(達)は良かったですね。唯一、最後まで、フレッシュさがありました。悲しいかな、他メンバーの勢いは初めだけで・・・、あの環境で仕方ないですが。

と、そうなると、「玉ちゃん」が危なーい気がいたします。まあ、代表に呼ばれなくても、柏レイソルにいる限り応援しますが。 昨日の玉田については、大黒含め活躍しませんでしたが、あれは本人の問題ではないですね。

一言! 負けてる試合で時間が無い時、DFラインでチンタラとボールをまわすな! 何も起きないでしょ!

W杯のトルコ戦もそうでしたが、淡々と負けるのは「日本サッカーの文化」なんでしょうか。

■街に外人がやってきた

柏レイソル、前から噂されてましたが、またまた外国人FWです。
バイエル・レーバークーゼン(独)の元ブラジル代表「フランサ」(29)。
うーーーん、FWだらけではないか。点が取れないからって、短絡的では??

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2005年8月 3日 (水)

これは鋭い

■それぞれの視点

東アジア杯について、愛読しているスポーツナビのコラムで目を引いたものが。

?7月31日UP 宇都宮徹壱 氏

  • 欧州杯、コンフェデの時も含め、前々から結構楽しく拝読してました。
  • 今回は「チームを壊す時」という主旨のコラムが。氏が意図した自体とは異なりますが、ジーコが中国戦に向けて「総入替」の様子を見せているのが、スゴイ。ジーコ、読んでたりして。

?8月2日UP 黄慈権 氏

  • 北朝鮮チームの再生に関するコラム(確かに、昔すごく強かった)。
  • で、日本に勝ったのは非常に危険との指摘が。「後半足がつる選手が出たのは、W杯予選のときからで、改善されていない」、「仮に中国・韓国に敗戦したとしても、日本の勝利の美酒でぼやけてしまう」等々。 この視点はないです。

スポーツナビ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

GKは中田ヒデ

■特派員が行く

行ってきました。フィオレンティーナvsヴェルディ戦。 とは言っても特派員です。

デジカメ持たせて、話を聞いたのですが・・・、分からん。何を見たんだ。(こんなことを書いてると、かなり怒られそうだが)

■GK0801

試合前に、子供向けのクリニックらしきものがあって、GK役(但し、手は使わない)にヒデが挑戦。足を広げて、その間を通せたらゴールというルールらしいです。

しかし、思いっきりヒデにぶつける子供がいたら・・・、どんな反応なのだろうか。きっと、やさしく微笑むのだろう。これが、ドゥンガだったら、ゲームを止めて「指導」が始まりそうだ。

ヒデは、腕・胸の筋肉が凄く、腹はへっこんでいるらしい。おいおい、「珍獣」を観に行ったわけじゃないんだから!

以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 2日 (火)

バレました。

■せっかく黙っていたのに

昨晩は頭に来すぎて、支離滅裂に。失礼しました。 が、一晩空けてもハラタツはー。

実はワタクシ、今まで黙っていました。怖い感じがして。

W杯予選時に感じたのですが、北朝鮮は良いチーム(世界で戦うにはまだまだですが)。そう、「自信」と「もう一つ」を手に入れれば という条件付で。

それは「GK」です。大黒の勝ち越し弾、普通、あそこでパンチングなんてしません。一戦の小笠原のFKも素晴らしいですが、あれが欧州等で通じたか否か・・・。

今回は、GKも安定しており・・・、いやー、バレちゃいました。

■チャレンジして、チャレンジされて

日本の場合、たかだかW杯出場は数回、強いと言ってもチャレンジャーです。故に、海外の反応も「(日本のわりに)良くやった」という程度かと。

だけど、こんな立場なのに、アジアではジャイアントキリングの標的です。だいたい、日本に勝っただけで「胴上げ」なんておかしいでしょ。

時にはチャレンジして、時にはチャレンジされて。 難しい時期なのは良く分かります。ここは整理していかないと、どちらに転んでも勘違いしそうです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年8月 1日 (月)

頭に来ました

アンケートにお答えいただいた方、コメントがなくてスイマセン。落ち着いたら、必ずしや・・。

■なんだありゃ!

こんなに頭にきたのは久しぶりです。

そう、北朝鮮vs日本です(北朝鮮のホームのようなものなので、こちらを先に)。

中澤選手、暑さで思考が停止したのか、色気を出したのか・・。DFとして最も、絶対に、やってはいけないことを! とは言いつつも、まあいいです。サッカーではあることです。

選手交代・・・、何あれ?

■玉ちゃん

正直、後半は玉田がリズムをつかみ掛けており、相手も嫌がりつつありました。正直、今日の大黒は??でした(あくまで、「今日の」ですが)。何かしてましたか? 今回に関しては、「柏レイソルびいき」はないです。

「玉田⇒田中or本山」、「大黒⇒巻」とは思ってましたが、あの状況で本当にやるとは。

今日の状況から言うと、「大黒⇒巻」、「(トドメに)田中(達)」、「サントス⇒村井」でしょう。

■テレ朝!精進しろ

TV中継で、前半「加治のあがりがありませんね」とか言ってましたが、後半は良いクロスをあげており、全体的に様子を見た、良い判断だったと思います。

はっきり言って、サントスは・・・。良い選手ですが、今日は悪いとこ全部見せてました。こういうときは交代してあげるべきです。選手、チームのためにも。

だいたい、開始前は「大黒、大黒」で、ハーフタイムで「田中、田中」って・・・。お前はアホか? W杯の放映権買ったんなら、専門的な物言いしろよ! 野球であんな分析するか?

■発展

いやー、本当に頭に来ました。北朝鮮の選手は勤勉でよくやりました。

韓国の方にブーイングされるのも、分かるような分からないような。が、こういった他国に頭にくるつもりは、ありません。 そんなの発展ないです。大学のときに、韓国人の友達もいたせいか、あまり「ここの部分」をフォーカスするのは、おかしいかと。(彼には、いろいろと教わりました)

いまのうち、言っておきます。 おい!暑いのは分かるけど、相手も一緒だ! もっと辛い仕事してても、貴方より報酬が低い方もいます。 代表だぞ、代表!

| | コメント (3) | トラックバック (2)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »