« ゲーフラ企画 その2 | トップページ | 顔なし »

2005年6月 3日 (金)

反則キック!

いやーなんで忙しい時に限って、仕事が立て込むのだろう。しかも儲からない。柏レイソルのあの強さと言い、現代日本の不思議だ。 と言うことで更新やコメントが滞っております。

■反則キック

トーキックと言うのをご存知でしょうか。TOE KICK、文字通り「つま先」で蹴る蹴り方を言います(もちろん、蹴るのはボールです)。

何が特長かというと、振り足のモーション無しにボールが蹴れます。そのため、相手のタイミングをずらして、素早いキックが可能です。が しかし、ボールとの接触がつま先だけなので、変なところに飛んでいく可能性が。また、あまり強い球を蹴ることができません。

そう言えば、昔、限界に挑戦してフルスイングでトーキックしたら、ボールは明後日の方向へ。(ボールで)ガラスは割れ、スパイクが脱げて友達の顔面へ、私の足の爪は・・・。何と素敵な「キック」

この蹴り方、中坊(ウン十年前)の時は、まともに他の蹴り方ができない「未熟な人がやるキック」として馬鹿にされていました。そう、サッカー仲間内では、御法度、反則キック。(確かに小さい子が、無意識にやるが蹴り方だが・・)

■日本のカタチ

W杯、ブラジルVSトルコでのこと。FWロナウド(ブラジル)が、このトーキックでゴールを決めました。DFもGKも完全にタイミングを外され、ボールは「コロコロ・・・」とゴールへ。はたから見てると、「何だ、あの(へぼい)ゴール」ですけど、あれで決勝に進んだんです。

日本では、茶道、武士道等々、形にこだわり美を見出す文化があるような気がします(勝手にそう思う)。なんとなーく、サッカーでもその香りが。システムやボール回し、ゴールまでのプロセス等々、いかにもサッカーに「正しいカタチ」があると言いたげな感じです。

(歴史が浅い?ので)サッカーの形がないと言われる今日、形を気にするカタチこそ、「日本のカタチ」では。

|

« ゲーフラ企画 その2 | トップページ | 顔なし »

コメント

初めてコメントさせてもらいます。mayです。昨日はコメントありがとうございました。
サッカーについてもレイソルについても初心者ですが、応援する気持ちがあればファンでもいいのかな、と思い、レイソルを応援させてもらっています。(笑)どうぞ、よろしく。(^_^)

投稿: may | 2005年6月 3日 (金) 10時25分

フットサルときのトーキックは非常によくしようしますが・・・おかげで両足の爪が割れて、ない出血しております・・・汗

投稿: みらい | 2005年6月 3日 (金) 15時38分

トーキックは、ボールの中心を蹴ればいいと、子供達に下平選手(元)がテレビで言ってました(レイソルタイム)が、TVカメラの前では決して手本を見せませんでした。なぜ?難しいからか・・・^^;

投稿: ばさら | 2005年6月 3日 (金) 20時37分

2002年の日韓ワールドカップのベルギー戦で鈴木隆行が決めたゴール、あれもトーキックでしょうか?

投稿: うめ子 | 2005年6月 3日 (金) 20時38分

皆さん有難うございます。

>mayさん
そうです!応援する気持ちがあればTV観戦でも、ゴール裏でも何でも良いですよね。

>みらいさん
フットサルでは大事な蹴り方ですね。サッカーでもゴール前混戦のときに使ったり、ようは、体のどこでも当てればいいわけで・・。
手はダメか。

>ばさらさん
確かにボールの真に当たらないとツラいです。
ビリヤードと同じですね。シモ(下平)がやらなかったのは、(簡単なので)「トーキック」ばかり使うようになるのを懸念して??
そう言えば、下平の応援コール(森の熊さん)は好きでした。

>うめ子さん
時間帯といい、あのゴールは良かったですね。「意識して」というよりは、「(つま先に)かろうじて当てた」という感じでしょう。まさに執念。

投稿: R指定 | 2005年6月 4日 (土) 14時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104542/4387129

この記事へのトラックバック一覧です: 反則キック!:

« ゲーフラ企画 その2 | トップページ | 顔なし »