« アヒル VS オレンジ | トップページ | 飛び出すのは危険 »

2005年5月10日 (火)

三角錐

■ほんの少しの光は?

ある人は「丸(円)」、ある人は「三角形」。真実は一つかもしれないが、見方によっていろいろな形に見える。三角錐という同じものを見ても、角度によって異なるものに見えてくる。怖いのは、「丸」「三角形」としか思わないこと。なんてことを何となく考えたりする。

テレビも含め、試合を観戦してないので何とも言えないのですが、掲示板や皆さんのBLOGを見ると、「明神はすごかった」というのが試合を見た方が強く感じたことのようです。ホーム(しつこいが「葉っぱ」)で引き分けという結果には残念ですが、今後に向けた「ほんの少しの光」のように感じました。

明日(日付が変わったので今日)、J?sportsで録画放送が流れるようなので、じっくり見てみたいです。明神選手の「スゴさ」が、「丸」や「三角形」でないことを切望する、今日このごろ。(おいおい、試合見に行けよ!)

■ごめんなさい。

明神。「悪い選手ではないが・・。トルシエ時がピークかな?」、正直そんなふうに思ってましたが、軽率でした。ごめんなさい、すいません。「あのシュートは誰だ??」、「えっ、明神」、「ふーん」、「おっ また」。大宮戦で間近で見た際、良い選手であることを再認識。新潟戦もとなると・・・。

■キレる

何となくチームの調子が上がらない時、

  • リズムができるまでシンプルなプレーを心がける
  • なるべく動く
  • あえてチームメートを励ます

素人チームでプレイしている私でも、このことを心がけてます。ただ難しいのは、これを繰り返していても、まわりに、ミスや感じないプレイをやられると、やはり気持ちが「キレ」そうになります。「プロなんだから」という免罪符があるにしても、そうそう大差はないように思う。いたってシンプルかと。

アヒルチームには、「感じさせてくれるプレイヤー」がいる。しかし・・・。プロには、全てを解決する、何か特別な「魔法」でもあるのかしら?

|

« アヒル VS オレンジ | トップページ | 飛び出すのは危険 »

コメント

私も正直、明神選手はトルシエの時が、ピークだと思っておりましたが、ここ最近の明神選手は鬼気迫るものがあります。でも少し働きすぎです。新潟戦でも肘を痛めたようで気にしながらプレーしてました。早野監督に一言物申す。

「明神の使いすぎにはお気をつけください。ご利用は計画的に。」

投稿: ばさら | 2005年5月10日 (火) 12時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104542/4062444

この記事へのトラックバック一覧です: 三角錐:

« アヒル VS オレンジ | トップページ | 飛び出すのは危険 »